ここから本文です

同僚で同じポジションだからわかる凄さ…ハット達成のスアレス「メッシは怪物だ」

ゲキサカ 8/21(日) 15:50配信

[8.20 リーガ・エスパニョーラ第1節 バルセロナ 6-2 ベティス]

 リーガ・エスパニョーラの2016-17シーズンが19日に開幕し、20日に第1節2日目が行われた。3連覇を目指すバルセロナはホームでベティスと対戦し、6-2の大勝で白星スタートを切った。

 バルセロナは前半6分にMFアルダ・トゥランが先制点を挙げると、同21分に同点とされるが、同37分にFWリオネル・メッシが左足ミドルを突き刺し、2-1とする。同42分にはグラウンダーのクロスに走り込んだFWルイス・スアレスが右足で合わせ、前半を3-1で折り返す。

 後半もバルセロナの勢いは止まらず、同11分にカウンターからスアレスが追加点。直後の同12分には、中盤でボールを受けたメッシが一気にシュートまで持ち込み、スコアを5-1とした。同37分にはスアレスが華麗な直接FKを突き刺してハットトリックを達成。同39分に1点を返されたものの、バルセロナが6-2の快勝をおさめた。

 昨季40得点でリーガ得点王が輝いたスアレスがハットトリックでスタートを切った。クラブ公式サイトによると、スアレスは「バルサのようなチームは、常にタイトル制覇の候補者だ。どうして僕らが昨季、優勝してチャンピオンだったのかを証明する必要がある」と3連覇へ意気込む。

 また、同じく攻撃のパートナーであり、この日2ゴールを挙げたメッシについては、「彼は化け物だ。世界一のベストプレーヤーだ」と称賛。チームメイトとして同じポジションで戦っているからこそ、メッシの凄さをひしひしと感じているようだ。

最終更新:8/21(日) 15:50

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。