ここから本文です

京まふ「黒執事 幽喜茶屋」オフィシャル商品第1弾発表!京都ブランドとコラボ

M-ON!Press(エムオンプレス) 8/22(月) 10:07配信

9月17日・18日開催「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2016」に出店する「黒執事 幽喜茶屋」オフィシャル商品第1弾として、京都企業とのコラボレーション商品「黒執事×SIONE『読む器』」「黒執事×上羽絵惣『胡粉ネイル』」が発表された。

「黒執事 幽喜茶屋」は、原宿や大阪で人気を博した黒執事のコンセプトカフェ「黒執事 Funtom Cafe」の京まふ版で、京都らしく和がコンセプト。コラボバーガーや京うどん、和風パフェなどのオリジナルフードを提供するほか、「幽喜茶屋」オリジナルグッズも販売予定。

「黒執事×SIONE『読む器』」は、京都と有田・波佐見の伝統技術をつなぐブランド「SIONE(シオネ)」と黒執事のコラボ商品。セバスチャンとシエルそれぞれをイメージした花(セバスチャン: 薔薇、シエル:百合)をSIONEブランドデザイナーの河原尚子がプレートへデザインした。

プレートのパッケージである本の形をしたボックスは、セバスチャンとシエル二人を象徴する小物をモチーフに、原作者の枢やな自らがデザイン。セバスチャンバージョンの商品にはシエルへのメッセージが入り、シエルバージョンの商品にはセバスチャンへのメッセージが書かれている。各100個販売で、売り切れ後は会場内で予約販売を予定する。

もう一方の商品「黒執事×上羽絵惣『胡粉ネイル』」は、創業260年の日本最古の絵の具屋「上羽絵惣」とのコラボ商品。黒執事の人気キャラクター6人のイメージカラーの商品となっており、枢やなが描き下ろしでオリジナルラベルをデザインした。

ラインナップは、漆黒(セバスチャン) / おそら(シエル) / 艶紅 (グレル)/ 鴬緑 (葬儀屋)/ 藤紫白 (ヴィンセント)/ 胡粉(グレイ)。また、セバスチャンとシエル、スーパーコートの3本セットも用意しており、枢やなデザインのオリジナルBOXに入れて販売する。

最終更新:8/22(月) 10:07

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]