ここから本文です

継投、一定の成果 打者、パワーアップ 今大会を振り返る 第98回全国高校野球

朝日新聞デジタル 8月22日(月)5時30分配信 (有料記事)

 新時代の到来と、過渡期の難しさを感じる大会となった。
 初戦を突破した24校のうち、先発完投は10校だけ。11校は2投手、3校は3投手をつないだ。大差による投手交代もあったが、4投手を擁する秀岳館のほか、いなべ総合なども継投を基本戦略にしていた。
 生誕100年が過ぎた高校野球では、障害予防の観点から、各校が複数投手の育成を進めている。その成果と受け止めたい。
 一方でエースの先発を回避して敗退したチームもあった。大型右腕・藤平の横浜、左腕・寺島の履正社、高橋昂の花咲徳栄。圧倒的な力を持つエースに負けない2番手投手を育成してきたからこその作戦だが、球運に恵まれなかった。……本文:2,987文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月22日(月)5時30分

朝日新聞デジタル

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)