ここから本文です

戸田恵梨香、10年ぶり“ミサミサ”に!「デスノート」最新作は「胸がキュンとなる」

映画.com 8月22日(月)7時0分配信

 [映画.com ニュース]「デスノート」シリーズ10年ぶりの続編「デスノート Light up the NEW world」の撮影現場がこのほど、報道陣に公開された。女優の戸田恵梨香が、共演する池松壮亮、菅田将暉とともに東京・江東区のテレコムセンタービルでの撮影に臨んだ。

【フォトギャラリー】「デスノート Light up the NEW world」撮影の様子はこちら

 2006年に公開された「デスノート」でスクリーンデビューを果たした戸田は、今作に対する思い入れも強く「原点に帰るような気持ち」「言葉にすると『かけがえのない作品』ということになりますが、そのような言葉では表現できない、胸がキュンとなるような作品です」と話す。撮影中に共演経験のある菅田と談笑していたかと思うと、次の瞬間には顔つきを変えて役になりきる戸田は、10年の時を経て女優として大きく飛躍した姿をうかがわせる。

 映画は、大場つぐみ氏・小畑健氏による大ヒットコミックの実写映画化シリーズの続編を、前作から10年後の世界を舞台に、原作にはない完全オリジナル脚本で描く。6冊のデスノートをめぐり、デスノート対策本部特別チームのエース捜査官・三島(東出昌大)、Lの後継者で世界的探偵・竜崎(池松)、キラ信奉者でサイバーテロリストの紫苑(菅田)が三つ巴の戦いを繰り広げる。戸田は、前作でデスノートを利用した大量殺人を犯したキラこと夜神月の元恋人で、アイドルから女優に転身した弥海砂(あまねみさ)役で続投する。

 第1作に出演した際は「芝居どころじゃなかった」と率直に明かし、「(前作での)芝居の質や声などは逆にすべて断ち切りました(笑)。そうしないと、いまやる意味がないなと思いました」と今作での役作りを述懐。メガホンをとった佐藤信介監督とは「10年前の海砂からどんな変化を遂げさせるのか? ということと、月に対しての思いや恐怖といった心情の部分」を話し合ったという。撮影中は常に聖歌を聞き、「月に祈りを届けたいという海砂の思い」と自らの思いを「ひとつにできたような気がします」と胸を張る。

 この日公開されたのは、キラ復活をもくろむ紫苑によってデスノート争奪戦に参加した弥が、紫苑、竜崎と対峙する重要なシーン。約300人ものキストラが動き回るなか、3人は緊迫した演技を見せた。戸田は、10年ぶりに弥を演じるにあたり、多方面からアプローチ。弥のトレードマークであるツインテールを想起させる髪形を自ら提案したほか、衣装は黒と赤を基調に選定し、「自分の私服をイメージし、そこに海砂をはめ込んだら、意外としっくりくるかも!  と思えて」「インナーもまさに私の私服のようでした」と現在の自らと弥を重ねた。

 また、竜崎、紫苑という新たなキャラクターについて「10年前の『デスノート』では月は真っ黒の衣裳、Lが真っ白の衣裳を着ていて、それで“正義”と“悪”を表現していたと思うんですけど、今回はそれが逆になっていたから、こう来たか!?  という驚きがありましたね」と、今作の登場人物たちの複雑に絡み合った関係性に言及。一筋縄ではいかないストーリー展開を示唆している。

 「デスノート Light up the NEW world」は、東出、池松、菅田、戸田のほか川栄李奈、船越英一郎、中村獅童(声の出演)らが共演する。10月29日から東京丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開。

最終更新:8月22日(月)7時0分

映画.com