ここから本文です

ウィンクス&ソングバードの女傑2頭 連勝記録を2桁に更新

netkeiba.com 8月22日(月)11時18分配信

 20日(土)、オーストラリアとアメリカで、連勝街道をひた走っている牝馬が出走。いずれも勝利を収めて、連勝記録更新を果たしている。

 まずは、オーストラリアのランドウィック競馬場で行われた芝1400mのGIIワーウィックSに、ワールドランキング第3位、芝マイル区分の世界最強牝馬ウィンクス(牝5、父ストリートクライ)が登場。

 同馬にとってはここが今季初戦だったが、道中2番手から直線入り口で馬なりのまま先頭に立つと、後続に3馬身半差をつけて快勝。自身12度目の重賞制覇を果たすとともに、昨年5月にスタートさせた連勝記録を10に伸ばしている。

 次走は、9月3日に同じくランドウィックで行われる芝1600mのGIIチェルムスフォードの予定。

 続いて、アメリカのサラトガ競馬場で行われたダート10ハロンのGIアラバマSに、ワールドランキングのダート牝馬部門で首位の座にいるソングバード(牝3、父メダグリアドロー)が登場。

 いつものように先行する競馬を見せたソングバードに、2番人気のゴーマギーゴーが執拗に絡んでいく苦しい展開となったが、3~4コーナー中間でスパートをかけたソングバードが、最後は後続に7馬身差をつける圧勝。デビューから継続している無敗の連勝記録を10に伸ばしている。

 次走は9月24日にパークスで行われるダート8.5FのGIコティリヨンSの予定。

 いずれも連勝記録を2桁に乗せた女傑2頭の今後に、益々注目が集まっている。

(文:合田直弘)

最終更新:8月22日(月)11時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ