ここから本文です

【NFL】ブラウンズ、元ペイトリオッツWRボイス獲得

NFL JAPAN 8月22日(月)14時15分配信

 クリーブランド・ブラウンズは現地21日、元ニューイングランド・ペイトリオッツのワイドレシーバー(WR)ジョシュ・ボイスと契約を結んだ。

 25歳のボイスは2013年のドラフト4巡でペイトリオッツから指名。NFLでは1年目にレシーブ9回121ヤードを挙げただけだが、テキサスクリスチャン大時代は抜群のスプリント能力で知られていた。

 ブラウンズは元クォーターバック(QB)のテレル・プライアーが1番手に浮上するなど、WRが手薄な状態。ボイスは似たようなタイプのテイラー・ガブリエルとポジションを争う可能性がある。

<クリーブランド・ブラウンズ>

最終更新:8月22日(月)14時15分

NFL JAPAN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。