ここから本文です

【香港】木内酒造、香港にビール工場

NNA 8月22日(月)8時30分配信

 クラフトビールを製造・販売する木内酒造(茨城県那珂市)は19日、香港・新界に自社のクラフトビール「常陸野ネストビール」を製造する工場を設置したと発表した。既に出荷を始めており、製品は全てクラフトビールの人気が高まる中国本土向けとなる。同社の中国市場への進出は初めて。
 新界・火炭にビール工場「常陸野香港ブルワリー」を開設した。同社の製造スタッフが1人常駐し、製造工程や品質を管理する。製造するのは「ホワイトエール」、「だいだいエール」、「エスプレッソスタウト」、「ラガー」の4種で、価格は約25HKドル(約320円、330ミリリットル各種)。工場には、一般の消費者が利用可能なテイスティングバーも併設した。
 担当者によると、年間の目標出荷量は300キロリットル。香港での販売については、「これまで通り、日本からの輸出を継続する」と述べた。
 中国ではクラフトビールの人気が高まり、同社には取り扱いの申し込みが寄せられていた。ただ、中国政府は2011年に発生した東日本大震災以降、同社がある茨城県を含む10都道府県の食品輸入を停止しており、同社も輸出ができずにいた。

最終更新:8月22日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。