ここから本文です

21歳、キム・シウーが逃げ切りツアー初V!「こんなにすぐに勝てるとは」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月22日(月)12時2分配信

<ウィンダム選手権 最終日◇21日◇セッジフィールド・カントリークラブ(7,127ヤード・パー70)>

優勝を決め、キャディと抱き合うキム

 ノースカロライナ州のセッジフィールド・カントリークラブを舞台に開催された米国男子ツアー「ウィンダム選手権」の最終日。2日目にコースレコードの“60”をマークして首位に立った韓国の21歳、キム・シウー。その後も快調にスコアを伸ばしトータル21アンダー、2位に5打差をつけ嬉しいツアー初優勝を挙げた。

 21歳での優勝は今季レギュラーシリーズの最年少優勝。「コースレコードが出せるとはまったく思っていなかった。今季の最年少勝となったことがとてもうれしい」と喜んでいた。

 7月中旬の「バーバゾル選手権」では惜しくも2位に。「バーバゾルで勝てなかったが、こんなにすぐに勝てるとは思っていなかった」、優勝を逃した悔しさを1ヵ月後に見事に晴らした。今後の目標については「この勝利で2年のシードを得た。次の目標はその2年でまた優勝すること」と話していた。


【最終結果】
優勝:キム・シウー(-21)
2位:ルーク・ドナルド(-16)
3位T:ブランド・スネデカー(-15)
3位T:松山英樹(-15)
5位T:ブレット・シュテークマイヤー(-14)
5位T:ジョンソン・ワグナー(-14)
5位T:グレアム・マクドウェル(-14)
5位T:ビリー・ホーシェル(-14)
5位T:ラファエル・カブレラ・ベロ(-14)
10位T:ジム・フューリク(-13)他

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月22日(月)12時2分

ゴルフ情報ALBA.Net