ここから本文です

シンガポール航空、札幌に季節便 12月1日から

Aviation Wire 8月22日(月)13時16分配信

 シンガポール航空(SIA/SQ)は現地時間12月1日から、シンガポール-札幌線を期間限定で運航する。

 運航機材はボーイング777-200型機。12月1日から17日まではシンガポール発月曜と火曜、水曜、木曜、土曜の週5往復、19日から31日までは月曜と水曜、木曜、土曜の週4往復を運航する。最終便は2017年1月5日のシンガポール発で、札幌発はそれぞれ翌日となる。

 札幌行きSQ660便はシンガポールを午後11時30分に出発し、翌日午前8時に到着する。折り返しのSQ661便は札幌を午前9時30分に出発し、午後5時15分に到着する。

 シンガポール航空は2011年から、冬季にシンガポール-札幌線を運航している。2015年冬ダイヤでは11月30日から2016年1月9日札幌発まで運航した。また、系列LCCのスクート(SCO/TZ)は10月1日から、台北(桃園)経由で週3往復を開設する。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月22日(月)13時16分

Aviation Wire