ここから本文です

【マレーシア】ホンダ、タカタ製エアバッグ交換45%完了

NNA 8月22日(月)8時30分配信

 
 ホンダ・マレーシアは19日、タカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)対象車種向けの運転席側エアバッグ交換部品について、100%供給できる体制が整ったと発表した。今月17日までに対象エアバッグの約45%(約17万5,000ユニット)の交換を終えたという。ユーザーに対して、速やかにエアバッグ部品の交換を行うよう、あらためて呼び掛けている。
 助手席側エアバッグの交換部品については、世界的に不足しており、依然として供給100%の見通しが立っていない。ホンダ・マレーシアは引き続き、供給に向けた努力を続けると述べている。
 リコールを迅速に進めるため、ホンダは8~9月の2カ月間、ペナン、スランゴール、ジョホールの各州に計3カ所の臨時サービスセンターを設け、週7日(祝日は除く)体制で対応にあたる。さらに、国内21カ所のペトロンガソリンスタンドでもサービスを実施する。
 リコールの詳細は、正規代理店のほか、ウェブサイト<www.honda.com.my>や、フリーダイヤル<1―800―88―2020>でも確認できる。

最終更新:8月22日(月)8時30分

NNA