ここから本文です

(社説)むのさん逝く―たいまつの火は消えず

朝日新聞デジタル 8月22日(月)7時0分配信 (有料記事)

 101歳のジャーナリスト、むのたけじさんが、昨日、亡くなった。
 よりよい社会と世界を目指すには、あの戦争と、その後の日本の歩みを、絶えず検証し、発言し続けなければならない。
 むのさんは、そのことを身をもって示しながら、戦後71年の日々を生きた。
 戦争中、朝日新聞の記者だったむのさんは、戦地などを取材した。だが、真実を伝えることができなかった。その自責の念から、敗戦の日に新聞社を去った。30歳だった。
 故郷の秋田県に戻り、48年に週刊新聞「たいまつ」を創刊。地方を拠点に反戦、平和、民主主義を守る執筆と運動を続け、農業、教育などを論じた。……本文:1,814文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月22日(月)7時0分

朝日新聞デジタル