ここから本文です

任天堂、メジャーリーグ球団「シアトルマリナーズ」の一部を約665億円で売却

インサイド 8月22日(月)14時50分配信

任天堂は、メジャーリーグ球団「シアトルマリナーズ」の一部を、6億6100万ドル(約665億円)で売却したことを発表しました。

任天堂は2016年4月28日に、子会社であるNintendo of America Inc.が所有するメジャーリーグ球団「シアトルマリナーズ」の運営会社であるFirst Avenue Entertainment LLLPの持分の一部において、売却交渉を開始すると発表していました。

今回は、メジャーリーグベースボール機構の承認を得て、売却することが正式に決定。なお、この売却が任天堂の連結業績に与える影響額の計算および確認にはまだしばらく時間がかかる見通しとのこと。

最終更新:8月22日(月)14時50分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。