ここから本文です

「ヒロアカ」堀越耕平原案のオリジナルエピソードをジャンプアニメの祭典で

コミックナタリー 8月22日(月)8時0分配信

集英社主催による招待制のアニメイベント「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」にて、堀越耕平原作によるテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」の新作エピソードが上映されることが決定した。

新作エピソードでは堀越自らがストーリー原案を担当。アニメ第1期と第2期の間に位置するオリジナルストーリーとなっており、堀越は制作にあたり50ページにもおよぶネームを執筆した。

「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」は11月27日に東京・よみうりホールにて開催され、12月4日には札幌、名古屋、大阪、福岡の4都市でも実施。参加申し込み用の応募シートは、8月末から10月にかけて発売される週刊少年ジャンプ、ジャンプスクエア、Vジャンプ、最強ジャンプ(すべて集英社)に付属する。

「ジャンプスペシャルアニメフェスタ2016」開催スケジュール
日程:2016年11月27日(日)会場:よみうりホール日程:2016年12月4日(日)会場:札幌シネマフロンティア、TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ、TOHOシネマズ 梅田・本館、TOHOシネマズ なんば・本館、TOHOシネマズ 天神・本館

(c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会・MBS

最終更新:8月22日(月)8時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。