ここから本文です

【サッカー】DF室屋「リオ会」継続!

東スポWeb 8月22日(月)10時32分配信

 五輪は終わっても“リオ会”は続く――。リオデジャネイロ五輪代表DF室屋成(22)とMF中島翔哉(21=ともにFC東京)が、ハリルジャパン入りに気持ちを新たにしている。

 室屋は五輪から帰国後初の試合となった20日の横浜M戦にフル出場して勝利に貢献した。「休みももらったし、コンディションも問題ない」と言い、次なる目標であるロシアW杯に向けて気持ちを切り替えている。さらに、今後は手倉森ジャパンメンバーとの“共闘”も考えているという。

「もともと仲の良い同じ世代のメンバーとの結束は強くなったし、オーバーエージ(OA)のハル君(DF藤春広輝=27、G大阪)やシオ君(DF塩谷司=27、広島)は同じDFですごく仲良くなった」と室屋。メンバー間の絆は歴代の五輪チームと比べてもピカイチで「これからもタイミングを見て食事とかしていきたい。いろいろな話をして、お互いを刺激し合える仲に」と密に交流を続けていく考えだ。

 五輪に合わせて選手間で作成したLINEグループも「続けていく」。海外組やOAを含めて声をかけ合いながら定期的に食事会を開催し、プレーに関する意見交換などを行い、レベルアップを図る。1次リーグ敗退に終わった五輪の屈辱をバネに、リオ会がロシアを目指す。

最終更新:8月22日(月)11時1分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報