ここから本文です

(社説)南スーダン―人道危機を食い止めよ

朝日新聞デジタル 8月22日(月)7時0分配信 (有料記事)

 おぞましい人道危機というしかない。
 アフリカの南スーダンで7月、大統領派と副大統領派の武力衝突が起きた。小康状態とはいえ今も散発的な戦闘が続く。
 慄然(りつぜん)とさせられるのは、国連機関や人権団体が現地から伝える民間人の被害である。
 両派の戦闘に住民が巻き込まれただけではない。大勢が避難した国連の保護施設を狙った銃撃や砲撃。対立民族出身と判明した住民の殺害。未成年を含む女性に対する性的暴行。商店や食糧倉庫の略奪――。
 蛮行の数々が国民を守るべき兵士によって繰り広げられているという。この1カ月間で約7万人が隣国ウガンダに逃れた。……本文:1,794文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月22日(月)7時0分

朝日新聞デジタル