ここから本文です

羽生選手、ギネス記録認定 15年12月大会で最高得点

Aviation Wire 8月22日(月)15時7分配信

 さまざまな世界記録を集め、書籍を発行しているギネスワールドレコーズの日本法人、ギネスワールドレコーズジャパンは8月22日、全日本空輸(ANA/NH)に所属するフィギュアスケートの羽生結弦選手を3つのギネス記録に認定したと発表した。東京・汐留のANA本社で、羽生選手に認定書を授与した。

 羽生選手は現地時間2015年12月10日から12日まで、スペイン・バルセロナで開催されたフィギュアスケートの国際大会「ISUグランプリファイナル2015/2016」で、男子シングルのショートプログラムで110.95点、フリープログラムで219.48点を獲得し、最高得点を記録。ショートとフリーの合計も330.43点となり、最高記録をマークした。

 羽生選手の記録は、9月に発行予定の書籍『ギネス世界記録2017』日本語版に掲載される予定。

 ANAは2013年7月、羽生選手と専属契約を締結。海外渡航時に航空券を提供するなど、活動をバックアップしている。

 ISUグランプリファイナルはISU(国際スケート連盟)によるフィギュアスケートの大会で、羽生選手は2013-2014シーズンから3大会連続で首位を獲得している。2016分の2015大会で2位だったハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)はショートは91.52点、フリーは201.43点、合計292.95点だった。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月23日(火)0時7分

Aviation Wire