ここから本文です

『Fate/EXTELLA』「クー・フーリン」&「李書文」が参戦!ステージや攻性プログラムなどゲームシステム情報も

インサイド 8月22日(月)17時13分配信

マーベラスは、PS4/PS Vita『Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)』に関する新情報を公開しています。

【関連画像】

『Fate/EXTELLA』は、『Fate』シリーズのキャラクターたちが作品の枠を超えて戦うハイスピードサーヴァントアクションゲームです。本作では、「セクター」と呼ばれる拠点を攻め合い、領域の支配権を示す鍵「レジムマトリクス」を争奪するバトルが繰り広げられます。

今回は、参戦が決定したサーヴァント「クー・フーリン」「李書文」や、ゲームシステム「マップギミック」「攻性プログラム」などの情報が明らかに。なお、「SERVANT FESTA 夏」特設サイトでは、新サーヴァントのサンプルボイスが公開されています。

◆参戦サーヴァント

■「クー・フーリン」CV:神奈延年
「一番槍はオレが貰うぜ。当然、あちらさんの敵将の首もな!」
・クラス:ランサー
・宝具:突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク)
・所属:ネロ陣営

アイルランドの光の御子。乱暴そうに見えて気さくな性格だが、戦いにおいて一切の容赦はない。今回、呪いの朱槍ゲイボルクは対軍仕様になっている。


■「李書文」CV:安井邦彦
「凶悪として勝るは我が八極だったな。」
・クラス:アサシン
・宝具:无二打(にのうちいらず)
・所属:ネロ陣営

武の真髄を極めた拳法家。殺人が生業ではないが、結果的に多くの拳法家を殺めた達人。彼にとって、武を交える事は互いの覚悟信念の場であり、死は逃れぬ物である。

◆ゲームシステム

■ステージ紹介
本作では、“支配者の影響を色濃く受けた領域”や“IFの可能性を再現した領域”など、さまざまな姿を見せる「月の新世界」で3つの陣営による闘いが繰り広げられます。

●咲き誇る薔薇の帝都 Mare Aurum
黄金の海SE.RA.PHに新たに作られた領域の一つ。皇帝ネロ・クラウディウスが支配するローマをモチーフとした領域。芸術家を自称するネロらしく煌びやかな雰囲気。何故かライブステージが存在するようだが?

●娯楽に耽る千年魔京 Mare Luxuria
色欲の海SE.RA.PHに新たに作られた領域の一つ。玉藻の前が支配する平安京をモチーフとした領域。桜並木や神宮など和のテイストが中心だが、ディスコのような場所も存在するカオスな領域。

●かつて在りし運命の街 Mare Melum
災の海SE.RA.PHに作られた領域の一つ。地上において別の聖杯戦争が行われたかもしれない可能性を再現した世界。霊地にそびえたつ寺院や新都市を思わせる高層ビルのような場所が存在する。

●星海交わる混沌宮殿 Mare Origo
原初の海SE.RA.PHに作られた領域の一つ。トップサーヴァント達が支配する原初と混沌の世界。城の庭園を彷彿させる場所や崩れ去った宮殿などが存在する。

■マップギミック
敵対する陣営は、さまざまな策略や防衛機構を用いてセクターへの侵攻を防いできます。刻一刻と変わる戦況を把握し、最善の一手で自軍を勝利へ導きましょう。

玉藻の前の策略によりセクターの中に閉じ込められたネロ。敵陣営は一斉にネロ陣営へ向けて侵攻を開始しますが、セクター内の敵を全滅させるまで抜け出すことができません。迅速に敵を殲滅し味方の元に駆けつけましょう。

太陽の騎士の異名を持つ「ガウェイン」は固有スキル「聖者の数字」で陽光によって力を増大させることができます。

強引にガウェインを打ち破るか、太陽光を集めているセクターを制圧しスキルを無効化してから戦うかはマスター(プレイヤー)次第です。

領域の中にはどちらの陣営にも支配されていない「中立セクター」も存在。敵陣営が辿り着く前にセクター内に隠された「ロストマトリクス」を探し出すことで制圧できます。

近づくと発生するノイズを頼りに「ロストマトリクス」を見つけ出しましょう。

侵入者に襲い掛かる高威力の罠「セクタートラップ」が仕掛けられているセクターも存在します。

トラップが発生する直前に、属性効果を無効化するコードキャストを使用すると防ぐことが可能。セクタートラップが存在するかはミニマップ上で確認できるため、出撃前の準備が重要となります。

■攻性プログラム
霊子虚構世界「SE.RA.PH」では、サーヴァントだけではなく領域の支配者が使役する「攻性プログラム」も侵攻を阻むために立ちふさがります。今回は、さまざまな特徴や能力を備えている「攻性プログラム」の一部が紹介されています。

●ソルジャー
一体ごとの能力は決して高くないが、徒党を組み無数に襲い掛かってくる近接タイプ。油断をすると数に押し負けるので注意。

●コマンダー
アグレッサーとしても登場する指揮官クラスの攻性プログラム。ソルジャーよりもスペックは格段に高く、ソルジャーを率いて襲い掛かってくる。

●スナイパー
遠距離から攻撃をする弓兵タイプ。自らは近づいてこないため、こちらから間合いを詰め撃退する必要がある。

●ドレッドノート
通常の攻性プログラムを大きく上回る巨体を持つ。多少のダメージには怯むことなく攻撃を仕掛けてくるため、うかつに近づくと強力な一撃の餌食となる。

●プラント
アグレッサーを生み出すことが出来る特殊な攻性プログラム。アグレッサーで自身の周りを守っているだけでなく、他のセクターに侵攻させてくるため、優先して撃破する必要がある。

●リーコン
空中を舞い上空から攻撃を仕掛けてくる。砲撃の威力は高くないが受けると足止めをされてしまうため厄介な存在。

■「属性攻撃」と「状態異常」
炎・雷・氷・毒など、属性を伴った攻撃を与えることで敵を状態異常にすることができます。状態異常には、大ダメージを与えたり行動を制限するものが存在するため、状態異常を狙う事で敵を翻弄することが可能です。また、敵の攻撃やセクタートラップでこちらも状態異常となるので注意が必要となります。

●毒状態
徐々にHP減少

●炎状態
与ダメージ上昇

●雷状態
一定時間攻撃不能

●氷状態
一定時間行動不能

■アイテム
敵を倒すことによるドロップ、あるいはマップ上のアイテムボックスから、さまざまな効果を持ったアイテムを取得できることがあります。なお、アイテムは取得した段階で効果を発揮し消えてしまいます。

●体力回復小
●体力回復大
●エクステラマニューバゲージ上昇小
●エクステラマニューバゲージ上昇大

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Fate/EXTELLA』は2016年11月10日発売予定。価格は以下のようになります。

・プレミアム限定版19,990円(税別)
・PS4限定版9,980円(税別)
・PS4通常版7,980円(税別)
・PS Vita限定版8,980円(税別)
・PS Vita通常版6,980円(税別)

(C)TYPE-MOON (C)2016 Marvelous Inc.

最終更新:8月22日(月)17時13分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。