ここから本文です

【タイ】固定ブロードバンド普及度、タイは域内20位

NNA 8月22日(月)8時30分配信

 国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)が17日発表したアジア太平洋地域の情報通信技術(ICT)に関する報告書によると、タイの固定ブロードバンド普及度は、2015年のデータでESCAP加盟53カ国・地域中20位だった。
 人口100人当たりのブロードバンド契約者数で順位付けした。国・地域別では韓国が40.2人でトップ。以下、香港(31.9人)、ニュージーランド(31.5人)、日本(30.5人)などが続き、タイは9.2人。最下位はアフガニスタンで0.005人だった。
 東南アジアでは、シンガポールが26.5人で首位。タイは2位で、マレーシアの9.0人を上回った。ミャンマーは0.3人で最下位だった。
 固定ブロードバンドの契約者数の地域別比率は、東・北東アジアが全体の74.89%を占めた。このほか、南・西南アジアが9.77%、北・中央アジアが7.68%、東南アジアが5.74%、太平洋地域が1.93%。東・北東アジアは14年の68.87%から上昇。東南アジアは11.3%から低下した。
 ESCAPは、契約者が東アジアと北東アジアに集中しており、先進国と発展途上国で大きな格差があると指摘。適切な対策を講じない場合、格差が拡大すると警告した。

最終更新:8月22日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。