ここから本文です

野田洋次郎、世界最大規模の自主映画コンペ「PFFアワード」審査員に

音楽ナタリー 8月22日(月)10時0分配信

世界最大規模の自主映画のコンペティション「PFFアワード2016」の審査員として野田洋次郎(RADWIMPS)が参加することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「PFFアワード2016」は9月10日~23日に東京・東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される映画祭「第38回PFF」のメインプログラムとして行われる。今年は483作品の中から20作品が入選しており、この中からグランプリが決まる。審査員は野田のほか、映画監督の沖田修一と荻上直子、映画プロデューサーの遠藤日登思氏、編集者の佐渡島庸平氏という面々。彼らは映画祭最終日の9月23日に行われる表彰式に登壇し、受賞作品を発表する。

最終更新:8月22日(月)10時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。