ここから本文です

(2016米大統領選)「トランプ大学」詐欺疑惑 投資セミナー「何も得られず」訴訟に

朝日新聞デジタル 8月22日(月)7時30分配信 (有料記事)

 米大統領選の共和党候補トランプ氏(70)が過去に開いていた不動産セミナー「トランプ大学」の問題がくすぶり続けている。「高額な授業料を払ったのに何も得られなかった」として複数の訴訟が起こされ、トランプ氏は問題ないと繰り返すが、大統領選の火種となっている。

 「ビリオネアのように投資する方法を学ぼう」
 トランプ大学の受講者を募集する新聞広告には、トランプ氏の写真と共に、こんな宣伝文句が並んだ。「私は、あなたを含めどんな人でも、成功した不動産投資家にすることができる」というトランプ氏の言葉も紹介されていた。
 詐欺行為があったとして、トランプ大学やトランプ氏本人を相手取って民事訴訟を起こしたニューヨーク州司法長官によると、同大学は2005年から10年まで運営されていた。……本文:2,743文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月22日(月)7時30分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。