ここから本文です

大嘴巴解散 日本出身の愛紗、3人のメンバーやファンに感謝/台湾

中央社フォーカス台湾 8月22日(月)17時53分配信

(台北 22日 中央社)人気ヒップホップグループ、大嘴巴(ダマウス)が解散していたことが20日、明らかになった。日本人メンバーでボーカルの愛紗は同日夜、自身のフェイスブックを更新。結成以来9年にわたって一緒に努力してきた3人のメンバーやスタッフ、支えてくれたファンに感謝を示した。

大嘴巴は男女4人組グループで、2007年11月にデビュー。これまで中国語のオリジナルアルバムを5枚リリースし、2009年には日本版アルバムも発表した。台湾の権威ある音楽賞「金曲奨」のコーラスユニット賞(最佳演唱団体奨)を2度受賞した経験もある。だが、最後の作品となった「有事[口馬]?」を昨年5月に発売して以降は、メンバーが揃う機会が少なくなっていた。

同グループのマネジャーによると、大嘴巴の契約は昨年で終了しており、4人それぞれにやりたいことがあったため契約更新はされず、解散同様になったという。

先にコメントを発表していたリーダー、宗華の投稿をシェアする形で心境をつづった愛紗。「ステージに立つ機会をこんなに多く与えてくれてありがとう。感謝しかありません」とし、文章の最後には「我愛大嘴巴」(ダマウス大好き)のハッシュタグ(検索用キーワード)とハートマークが記された。

愛紗の投稿に対し、ファンからは解散を惜しむ声や今後の活動を応援するコメントが多数寄せられている。

(呉ワンテイ/編集:名切千絵)

最終更新:8月22日(月)17時53分

中央社フォーカス台湾