ここから本文です

【フィリピン】渦潮電機、電動三輪3千台を9月から納車

NNA 8月22日(月)8時30分配信

 渦潮電機(愛媛県今治市)は9月末からフィリピンのエネルギー省から受注した電動三輪タクシー(電動トライシクル、eトライク)3,000台を順次納車する。エネルギー省の計画では、マニラ首都圏と首都圏近接の南部タガログA(カラバルソン)地方に導入する予定だ。
 渦潮電機の現地子会社BEMACエレクトリック・トランスポーテーション・フィリピンが車両の心臓部であるパワーコントロールユニット(PCU)を製造、現地パートナー企業のアルマゾーラ・モーターズが車両を組み立てる。PCUには、電池制御システムを搭載し、日本製のリチウムイオン電池などを採用している。運転手を含めて6人乗りで、最高速度は時速40キロメートル、充電時間は1回2時間。
 フィリピンには約350万台の三輪タクシーがあるとされ、排気ガスによる大気汚染が深刻化したことから、エネルギー省は10万台を電動三輪タクシーに取り換える計画を発表。アジア開発銀行(ADB)の支援を受け、導入を進めている。
 第1弾の入札は2015年5月に行われ、渦潮電機は、車両納入費と付帯サービス関連費用を合わせて3,074万7,000米ドル(約30億7,000万円)で契約を結んだ。
 地元紙によると、エネルギー省は年内に新たに6,000台の入札を行う予定。渦潮電機の担当者は、「正式な発表があれば対応していきたい」と話した。

最終更新:8月22日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。