ここから本文です

「NEWS」加藤&手越に沢尻エリカら登場!「深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP」

cinemacafe.net 8月22日(月)13時45分配信

日テレの人気バラエティ「しゃべくり007」と「人生が変わる1分間の深イイ話」が合体した「深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP」が加藤シゲアキ、沢尻エリカ、大竹しのぶら豪華ゲストを迎え8月22日(月)今夜放送される。

【画像】「深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP」

3人は「ネプチューン」「くりぃむしちゅー」「チュートリアル」の3組7人の芸人たちが毎回“旬”なゲストを迎えトークや企画を繰り広げる「しゃべくり007」パートに登場。8月27日(土)21時頃から「24時間テレビ39」の中で放送されるドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」で共演している加藤さんと沢尻さんは「あの頃私は青かった007」と題した企画に挑戦。10代の頃から芸能界で活躍してきた2人の“10年前”と“現在”をビフォーアフターで比較。この10年、様々な経験を経て大人へと成長を遂げた2人だが、10年前はどこが青かったのか!?

そして大竹さんの企画は「お悩み相談007」。日本を代表する大女優になった大竹さん。そのキャリアから共演者や友人などの相談に乗ることが多いという。そこで番組がいろんな芸能人の悩みを預かってそれに大竹さんが答えていく。他では聞けない“大竹流”の回答に注目だ。

また様々な人物の“深くてイイ話”を紹介する「人生が変わる1分間の深イイ話」には加藤さんと同じく「NEWS」の手越祐也をはじめ、岡田結実、劇団ひとり、鈴木奈々、高畑淳子、博多大吉がゲストとして登場。スペシャルコメンテーターを今田耕司が、司会を羽鳥慎一と「チュートリアル」が務める。

加藤さん、手越さんら「NEWS」メンバーがメインパーソナリティーを担当する「24時間テレビ39」は8月27日(土)~28日(日)にかけて放送。

加藤さんと沢尻さん出演のドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」は、新井淑則氏の原作「光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ」を元に、全盲となって一時は自殺まで考えた加藤さん演じる教師の男性が、沢尻さん演じる妻や周囲の支えを受けて再び中学校で教鞭をとるに至るまでの実話を描く。

学園ドラマの熱血教師に憧れていた教師・新井は中学校の国語教師として生徒たちに本気でぶつかっていた。新井は大好きな妻と3人の幼い子供に囲まれ充実した幸せな日々を送っていたが、それは突然終わりを告げた。新井は網膜剥離を発症、視力を失ってしまう。もう生徒に授業をすることも、愛する我が子たちの成長した姿を見ることも叶わない。真っ暗な絶望の中、家に閉じこもり、家族にあたり散らし、ついには、自殺まで考えるようになる新井だが、そんな新井を支え、前を向かせてくれたのは、家族や教え子、友人たちの存在だった。「もう一度中学校の教師に」という夢への挑戦を新井は決意するが、それは長い長い苦闘のはじまりだった…という物語。

もう一組のゲストである大竹さんは主演最新作となる『後妻業の女』が8月27日(土)から全国公開となる。直木賞作家・黒川博行の受賞後第一作となる小説「後妻業(ごさいぎょう)」を『愛の流刑地』『源氏物語 千年の謎』などの名匠・鶴橋康夫監督が映画化。

主人公・小夜子を大竹さんが演じ、豊川悦司、永瀬正敏、、尾野真千子、笑福亭鶴瓶、風間俊介、津川雅彦、長谷川京子、水川あさみ、余貴美子、森本レオ、六平直政、伊武雅刀ら豪華俳優陣が共演する。

中瀬朋美(尾野さん)は苛立っていた。父の中瀬耕造(津川さん)が再婚しようと婚活パーティーへ足繁く通うからだ。そうして出会った後妻の小夜子はブランド物に身をつつむ高飛車な女。やがて父耕造が倒れ容態が急変し死亡。小夜子に公式証書遺言状を突きつけられ遺産はすべて小夜子のものになった朋美は探偵の本多(永瀬さん)を雇い、小夜子のことを調べ始める。

小夜子は、色香で老人を喰う“後妻業”の先兵だった。背後には結婚相談所所長の柏木(豊川さん)がいた。高齢の資産家が入会すると柏木は小夜子に紹介、小夜子は次々と老い先短い孤独な男たちを籠絡し、柏木の入れ知恵によって資産を奪い取り、いつも2人で分け前を折半していた。耕造の死後、小夜子は柏木の主催する新たな婚活パーティーで不動産屋の隠居・舟山喜春(鶴瓶さん)に目を付けるが、デートを重ね、順調に舟山を後妻業の術中に陥れていく中で、なんと小夜子が舟山に本気で惹かれはじめる…という物語。

「深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP」は8月22日(月)21時~日本テレビ系で放送。

最終更新:8月22日(月)13時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。