ここから本文です

【札幌記念】モーリス猛追届かず2着 “身内”にやられた…天皇賞参戦に「迷い」

デイリースポーツ 8月22日(月)6時3分配信

 「札幌記念・G2」(21日、札幌)

 安田記念に続き、王者モーリスがまたもや苦杯を喫した。まさか“身内”に伏兵が潜んでいようとは…。

 初めて経験する2000メートル。折り合い面の課題が指摘されていたが、道中は掛かる面も見せなかった。モレイラは「距離は問題なかったが、外枠(15番)なので内へ入れるまでに時間がかかった。特に向正面の馬場が重くなっていた。緩い馬場で後ろからだと届かない。もっとスムーズな競馬ができていれば」と距離ではなく、馬場を敗因に挙げた。

 吉田勝己代表はモーリスの敗戦に、「ずっとマイルを使って、ひと息入っていた。一番掛かるパターンだが、折り合っていたから距離ではないと思う」と複雑な表情を浮かべた。

 次走はR・ムーアとのコンビで天皇賞・秋というプランがほぼ決まっていたが、同代表は「きょう(21日)は何から何まで大丈夫だと思っていた。ちょっと迷いが生じたよ」と明言を避けた。

最終更新:8月22日(月)8時32分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]