ここから本文です

大ヒット映画「私の少女時代」の主題歌、再生数1億回突破 台湾の楽曲初

中央社フォーカス台湾 8月22日(月)18時48分配信

(台北 22日 中央社)歌手のヒビ(Hebe、田馥甄)が歌う楽曲「小幸運」が20日までに、動画投稿サイト「ユーチューブ」で再生回数1億回を突破した。同曲は昨年夏に公開され、興行収入4億台湾元(約12億6600万円)を超えるヒットを記録した映画「私の少女時代」(我的少女時代)の主題歌。1億回超えは、台湾および中国語の楽曲としては初となる。

高校生の恋愛をコミカルかつロマンチックに描いた「私の少女時代」(日本では今年11月公開)は多くの観客の共感を呼び、台湾のみならずアジア各地でヒットを記録。主題歌の「小幸運」も作品のストーリーに合わせて青春の切ない恋心を歌い、人々の心をつかんだ。同曲は映画公開から1年経った現在でも根強い人気を誇り、カラオケ店「ホリデイ」(好楽迪)が発表した最新の中国語曲リクエストランキング(8月9日~15日)では1位を獲得。51週連続ランクインを果たしている。

また、台湾の権威ある映画賞「金馬奨」のオリジナル映画楽曲賞(最佳原創電影楽曲奨)や音楽賞「金曲奨」の楽曲賞(最佳年度歌曲奨)にもノミネートされた。

ヒビは20日午後、所属レコード会社を通じてコメントを発表。「全世界はみんなポケモンに夢中になっていると思っていました。ポケモンを捕まえると同時に、ユーチューブで小幸運を見てくれる人がいるなんて思ってもみませんでした」と茶目っ気をのぞかせた上で、「みなさんこの歌を気に入ってくれてありがとう」と感謝した。

(呉ワンテイ、王靖怡/編集:名切千絵)

最終更新:8月22日(月)18時48分

中央社フォーカス台湾