ここから本文です

SMAP メンバーがかつて語っていたグループの危機

リアルライブ 8月22日(月)18時22分配信

 SMAPの解散が世間を賑わせているが、そんなSMAPのメンバーがかつて、これまでのグループの解散危機について語ったことがあった。

 2014年の27時間テレビ(フジテレビ)で「ワイドナショー」へ生出演したSMAPのメンバー。東野幸治から「よく解散報道があるけど」と話を振られた香取慎吾は、「今まで20何年の間に何回も見たことがある。本当の時にはあたったことがないんですよ」とコメント。他のメンバーが困惑するなか、「解散か! みたいなことは今まで何回かあったじゃん」と呼びかけた。

 松本人志から、「(解散危機は)何度くらいあったかだけ教えて」と聞かれると、香取は、「え~っと、実際、3、4あたり」、草なぎ剛は、「僕は2回」、稲垣吾郎は、「僕は1回、知らされてなかったかも」、木村拓哉は「オレは3回」。最後に、「はい、リーダーは」と振られた中居正広は、苦笑いしながら、話を始めてしまった香取の頭を叩き、「お前、バカか!」と怒り、「4.5回くらいかな」とコメント。ただ、その当時は、「ここ10何年はないですよ」と説明していた。

 当時はメンバーも他の出演者も笑いながら話していたが、実際にこのような解散への道を歩むとは視聴者を含め、誰もが想像できなかったことだろう。

最終更新:8月22日(月)18時22分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。