ここから本文です

【バスケット男子】米国が3大会連続15度目の優勝

東スポWeb 8月22日(月)11時21分配信

【リオ五輪】男子バスケットボールの決勝が、21日(日本時間22日)行われ、米国がセルビアを96―66で下し、3大会連続15度目の優勝を果たした。

 高さとディフェンスでセルビアを圧倒した米国は、19―15で迎えた第2クオーターで一気にリードを広げて勝負を決めた。特にエースのデュラントが3点シュートを4本決めるなど、このクオーターだけで18得点をマーク。最終的に30得点を叩き出し、ゴール下ではカズンズが13得点、15リバウンドと活躍した。

 3位決定戦はスペインが89―88でオーストラリアを下し、3大会連続のメダル獲得となった。

最終更新:8月22日(月)11時30分

東スポWeb