ここから本文です

トム・ホランド、スパイダーマンの格好で小児病院を訪問

cinemacafe.net 8月22日(月)14時45分配信

トム・ホランドが18日(現地時間)、スパイダーマンの格好でアトランタにある小児医療専門の病院を訪問した。

【写真】トム・ホランド/フォトギャラリー

シリーズ最新作『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを続投するトムは、ジョージア州アトランタにあるエグルストン・チルドレンズ・ホスピタルの子どもたちを驚かせたことで、感激したようだ。

トムは1人の患者と写る写真をインスタグラムに投稿し、「みんなに今日会えたのは素晴らしい経験だったよ。みんなは本当にインスピレーションを与えてくれる人たちだよ。僕たちは君たちを誇りに思うし、愛している。近いうちにまた訪問できることを願っているし、僕らを迎えてくれたエグルストン・チルドレンズ・ホスピタル、ありがとうございます」とコメントを添えている。

トムと一緒に病院を訪問した同映画の中でネッド・リーズを演じるヤコブ・バタロンも、子どもたちを笑顔にできて嬉しかったようだ。トムが赤ちゃんを抱く写真を投稿したヤコブは「今日子どもたちに会えて素晴らしかった。彼らは僕らにインスピレーションを与え、彼らの笑顔は太陽よりも明るいよ。大好きだよ」とコメントしている。

過去にもセレブが小児病院を訪問する例は多数あり、ジョニー・デップは『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウの格好で病院をサプライズ訪問したことがある。

(C) BANG Media International

最終更新:8月22日(月)14時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。