ここから本文です

椎名林檎“2O2O日本の夏”新曲配信リリース&東京事変サブスク解禁

音楽ナタリー 8月22日(月)11時2分配信

椎名林檎が新曲「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」と「ジユーダム」を本日8月22日に配信リリースした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

リオデジャネイロオリンピック閉会式の一部の演出をプロデュースし話題を集めている椎名林檎。「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」は、フランスの老舗インディーズレーベル・サラヴァ発足50周年を記念して9月28日に日本先行発売されるコンピレーションアルバム「サラヴァの50年」へ収録される新曲だ。フレンチポップス史に残る名曲「白い恋人たち(13 jours en France)」をみどりん(Dr / SOIL & "PIMP" SESSIONS)、鳥越啓介(B)、林正樹(Piano, Wurlitzer)、村田陽一(Tb)、椎名林檎(Tubular Bells)という布陣でリメイクし、1968年のグルノーブル冬季五輪の記録映画のテーマとして書き下ろされた原曲へのオマージュを込めて、新たな日本語詞を付けた。

一方、「ジユーダム」は今春よりリニューアルして放送中のNHK総合「ガッテン!」へ、初の番組テーマとして書き下ろしたナンバー。ヒャダインによるリミックスバージョン「ジユーダム ヒャダインのリリリリ☆リミックス」もあわせて配信リリースされた。

これらの新曲は本日よりiTunes Store、レコチョクほか主要配信サイトにて購入可能。さらに「13 jours au Japon ~2O2O日本の夏~」は9月27日までの期間限定でApple Music、LINE MUSIC、Google Play Music、AWA、KKBOXなどのサブスクリプション型配信サービスでも提供される。

また、東京事変の全楽曲がサブスクリプション型配信サービスで解禁されることもわかった。Apple Music、LINE MUSIC、Google Play Music、AWA、dヒッツ、KKBOXなどで本日より順次配信が開始される。2012年2月29日の解散から4年の歳月を経た閏年というこのタイミングで、改めてバンドの名曲を楽しんでみては。

最終更新:8月22日(月)11時2分

音楽ナタリー