ここから本文です

【札幌記念】ネオリアリズム奇襲で王者斬り モーリス2着で堀厩舎ワンツー

デイリースポーツ 8月22日(月)6時3分配信

 「札幌記念・G2」(21日、札幌)

 年度代表馬を奇襲で下した。5番人気のネオリアリズムが、キャリア14戦目にして初の逃げを打って重賞初V。鞍上のルメールが存在感をアピールした。堀厩舎は北九州記念もバクシンテイオーで制し、自身2度目の同一日・JRA重賞制覇を達成。単勝1・6倍の断然人気に推されたモーリスは、僚馬に敗れる形で2着。米遠征を今秋に控える2番人気ヌーヴォレコルトは4着に終わった。

 ルメールの腹は決まっていた。ためらいもなくネオリアリズムを先頭へエスコート。前半5F59秒9と速めのラップを刻んでいく。「折り合いの難しい馬だけど、逃げている時はリラックスしていたよ」と思惑通りにハミが抜け、最後は昨年の年度代表馬に2馬身差の完勝を決めた。

 昨夏も札幌でコンビを組み、条件戦で2戦2勝の好相性。「ポテンシャルが高いのは分かっていたからね」と打倒・モーリスへ思考を巡らせ、下した結論が逃げの一手だ。レースの2日前、バーバラ夫人にだけは「勝つために(ハナへ)行く」と告げたという。「切り札。トライしないとね」と白い歯をのぞかせた。

 大金星はいつでもリスクの裏に眠る。05年の有馬記念では追い込み馬ハーツクライを先行させ、3冠馬ディープインパクトを完封。「ここで逃げたら、次はもっと行きたがるかも」と先々の苦労を承知でバクチを打った。「夏はずっとこっちにいるから。札幌記念を勝ててうれしい」と伝統のG2を制し、素直に喜びを表現する。

 むろん、堀厩舎の手腕も大きな勝因だ。北九州記念(バクシンテイオー)と日曜の2重賞を射止め、ノーザンファーム代表の吉田勝己氏も舌を巻く。「きょうは完全に仕上がっていたな」。マイナス18キロと研ぎ澄まされた馬体に、トップステーブルの実力が凝縮していた。

 今後は放牧を経て、天皇賞・秋(10月30日・東京)へ向かう公算が大きい。鞍上の言葉を借りれば、次戦こそが試金石。それでも安心と信頼の堀厩舎なら、大一番でも激走の下地を整えてくるかもしれない。

最終更新:8月22日(月)8時43分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]