ここから本文です

北朝鮮に亀裂の兆し 体制揺らぐ可能性高まる=朴大統領

聯合ニュース 8月22日(月)10時50分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国との合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)が朝鮮半島で始まった22日、朴槿恵(パク・クネ)大統領は青瓦台(大統領府)の国家危機管理状況室で国家安全保障会議(NSC)を開いた。北朝鮮内部の亀裂が広がり、体制が揺らぐ可能性を指摘するとともに、韓国に対する威嚇を警戒した。

 朴大統領は北朝鮮政権が住民の暮らしを顧みず恐怖政治で住民を抑圧しているとしながら、「最近では北のエリート層まで崩れかかっており、要人の脱北や亡命が相次ぐなど深刻な亀裂の兆しが見える。体制動揺の可能性が高まっている」との見解を示した。

 続いて、「北の政権は内部の動揺を鎮めさらなる脱北を防ごうと、韓国社会の混乱を助長するためサイバーテロを含め韓国を狙ったテロと多様な形の挑発を仕掛ける可能性が高まっている」と強調した。

最終更新:8月22日(月)10時53分

聯合ニュース