ここから本文です

お盆期間中の交通状況、高速道路の渋滞発生回数が39回増の472回

レスポンス 8月22日(月)14時30分配信

国土交通省は、8月6~16日のお盆期間中における高速道路・国道の交通状況(速報)を発表した。

高速道路は、8月11日が「山の日」として祝日になったことから帰省ピークが集中し、11日~14日の下り線交通量が約2割増加した。10km以上の渋滞回数は472回で、前年と比べ39回増加した。このうち、30km以上の渋滞回数は前年より15回増の45回だった。

8月14日東名高速上り・大和トンネル付近で57.0km、8月16日東北道上り・上河内SA付近で52.4kmなどの渋滞が発生した。

期間中の高速道路40区間合計の日平均交通量は前年同期比横ばいの4万6800台、最大日交通量が同4%増の5万7700台だった。

全国の国道31区間合計の日平均交通量は横ばいの2万9800台だった。

観光地周辺の国道30区間合計の日平均交通量は横ばいの2万6700台だった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月22日(月)14時30分

レスポンス

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。