ここから本文です

Samsung、米国のGalaxyシリーズ専用音楽サービス「Milk Music」を終了へ

ITmedia ニュース 8月22日(月)8時41分配信

 韓国Samsung Electronicsは8月19日、米国で提供しているGalaxyシリーズ専用の音楽配信サービス「Milk Music」を9月22日に終了すると発表した。

Milk VRあらためSamsung VR

 Milk Musicは、同社が2014年3月に立ち上げたGalaxyシリーズでのみ使える無料の音楽ストリーミングサービス。ユーザー登録などの必要はなく、アプリを起動すれば200局以上のサービスの1300万曲以上の音楽を、広告表示なしに楽しめるというものだ。

 米Engadgetによると、SamsungはGalaxyユーザーに対し、Milk Musicに音源を提供している米Slackerのサービスに移行するよう勧めているという。

 同社は終了に当たり「現在利用可能な最高の音楽サービスをシームレスにGalaxyシリーズに統合することにフォーカスし、“パートナーモデル”に注力することにした」と説明している。

 SamsungはMilkのブランドで動画配信サービス「Milk Video」も立ち上げたが、こちらは既に昨年9月に終了している。Milkのブランドは、同社のVR HMD「Gear VR」向けの360度動画配信サービス「Milk VR」にも使われていたが、現在は「Samsung VR」という名称に変わっている。

最終更新:8月22日(月)8時41分

ITmedia ニュース