ここから本文です

安村「SMAP解散は悪いことばかりじゃない」「キムタクがパンイチに」

東スポWeb 8月22日(月)14時35分配信

 元柔道家のお笑いタレント・篠原信一(43)、とにかく明るい安村(34)らが22日、都内で行われた「AbemaTVサテライトスタジオ残暑見舞い特番」に出演した。

 安村は年内での解散を決めた「SMAP」について「僕もコンビを解散してこうしてやっているから、解散は悪いことばかりじゃない。最終的にはキムタクがパンイチになって『ヘイ!』と言ってくれればいい」などと、他メンバーから“裏切り者”扱いされる木村拓哉(43)を自らのネタでちゃかした。

 また、SMAPメンバーとの共演が多い篠原は「気さくでいい方たちばかり。コンサートにも行ったことがある。解散はメンバーで決めたことなので仕方ない。とにかく残念」と優等生のコメント。

「ピスタチオ」の伊地知大樹(31)は「芸人の間では、今解散しても記事にならなくて恥ずかしいだけだからやめろと言っている」とSMAP解散騒動の大きさを表現した。

 イベントは渋谷109前で行われる予定だったが、台風の影響で急きょ室内での会見になった。

最終更新:8月22日(月)15時54分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。