ここから本文です

金本監督 福留に「いいぞ、おじさん!」 サヨナラ危機救う美技連発を絶賛

デイリースポーツ 8月22日(月)6時3分配信

 「巨人1-4阪神」(21日、東京ドーム)

 経験値、判断力、勝利への執念-。その一瞬に、プロの業(わざ)の粋を注ぎ込む。だからこそベテランの域に足を踏み入れてなお、阪神・福留孝介外野手のプレーは輝きを失わない。チームを勝利へ導くビッグプレーが生まれたのは、同点で迎えた九回裏だ。

 1死二塁の危機で、小林誠が松田のカーブを逆方向へはじき返す。サヨナラか-。最悪の結末がよぎった瞬間、スタート良く前進してきた右翼・福留が正面の難しいライナーをダイビングキャッチでつかみ取った。

 「前に守っていたから。頭の上を越えたらごめんなさいという感じで」。チームを救うプレーを涼しげな表情で振り返る。簡単な打球ではない。だが経験に基づく確信が、勇気ある一歩を切らせた。

 「長いことやっているので、ある程度の感覚はある。そこだけは自分を信じてやるしかないからね」

 福留の美技は、これで終わらない。場面は2死一、二塁と変わり、長野が右翼ファウルゾーンへ飛球を打ち上げる。福留は猛然と打球を追い、そのまま勢いよく上半身がエキサイトシートへと突っ込んだ。だが数秒の後、起き上がる福留が掲げたグラブには、しっかりと白球が収まっていた。

 「投手が頑張っているのに、チャンスで打てずに苦しい思いをさせた。その分、何とか守ってと思っていた」

 この日は3安打の福留も、六回2死二塁の先制の好機に右邪飛に倒れ、先発・岩貞を援護することはできなかった。ならば、絶対に敵に得点を与えるわけにはいかない。福留の技と心で見せた2つのプレーは、巨人へ傾きかけた流れを変えた。

 ベンチで「いいぞ、おじさん!」と福留を出迎えた金本監督も「あの2つはビッグプレーですよ。中心選手が、ああいう闘志むき出しの、体を張ったプレーをするとチームは自然と熱く盛り上がる」と称賛を惜しまない。

 延長十回の猛攻を生んだのは、紛れもなく勝負師の気迫だ。「おじさんでしょ。しんどいわ」と福留。その横顔に、充実の色が浮かんでいた。

最終更新:8月22日(月)9時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)