ここから本文です

相双リテック初優勝 県早起き野球

福島民報 8月22日(月)10時30分配信

 働く人たちの野球の祭典、第58回県早起き野球大会最終日は21日、福島県郡山市の開成山野球場で準決勝と決勝を行い、相双リテック(いわき)が初優勝を飾った。
 決勝は相双リテックとSOSORETEC SELECT(いわき)との同じ企業内のチーム同士の対戦となった。初回に3点を挙げた相双リテックが3-0で逃げ切った。
 準決勝は、第1試合で相双リテックが6-0で佐倉パワーズ(県北)を下した。第2試合でSOSORETEC SELECTが須賀川信用金庫(県南)に2-0で競り勝った。
 大会を通じて活躍した選手に贈られる最優秀選手賞(MVP)に相双リテックの菊沢竜佑、敢闘賞にSOSORETEC SELECTの荒井和仁が選ばれた。
 大会は県野球連盟と福島民報社の主催、ナガセケンコー、ケー・エス・シーの協賛。各地区の予選を勝ち抜くなどした20チームが、19日から3日間にわたり熱戦を繰り広げた。

福島民報社

最終更新:8月22日(月)10時55分

福島民報