ここから本文です

韓米が合同軍事演習開始 来月2日まで=北朝鮮にも通知

聯合ニュース 8月22日(月)11時17分配信

【ソウル聯合ニュース】韓米連合司令部は22日から9月2日まで定例の韓米合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)を実施すると発表した。

 同司令部は国連軍司令部軍事休戦委員会を通じ、22日午前、北朝鮮軍にUFGの日程と目的を通知し、挑発的な性格の演習でないことを説明した。

 今回のUFGに参加する米兵力は、海外からの約2500人を合わせ約2万5000人規模となる。昨年、米軍からは約3万人が参加した。韓国軍は例年と同水準の約5万人になる見通しだ。

 また、今年のUFGにはオーストラリア、カナダ、コロンビア、デンマーク、フランス、イタリア、フィリピン、英国、ニュージーランドの計9カ国が国連軍司令部として参加する。

 韓米連合司令部は「UFGは1953年10月1日に締結された韓米相互防衛条約の一環で休戦協定に基づき実施される」と説明した。

 また、UFGは韓米両国の軍事同盟や献身、持続的な友好関係を強調し朝鮮半島の平和と安全の保障に寄与するとした。

最終更新:8月22日(月)11時27分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。