ここから本文です

まさかの「安倍マリオ」 リオ五輪閉会式、安倍首相がマリオ姿で土管から登場

ITmedia ニュース 8月22日(月)10時51分配信

 リオデジャネイロ五輪の閉会式が8月21日(現地時間)に開かれ、次の五輪会場となる日本の安倍晋三首相も出席した。安倍首相の登場は、会場の真ん中に設置された緑色の土管から。「スーパーマリオブラザーズ」のマリオのコスプレ姿で現れた。意外な演出にTwitterユーザーもびっくり。「安倍マリオ」がトレンドに入った。

【安倍マリオをもっと見る】

 閉会式では、次の会場となる東京に五輪旗が渡る「フラッグハンドオーバーセレモニー」が行われ、和装の小池百合子氏が旗を受け取った後、東京を紹介する映像が流れた。映像には、日本のアスリートや名所などに加え、ドラえもんやパックマン、キャプテン翼などアニメ・ゲームコンテンツが組み込まれていた。

 映像の終盤では、安倍首相がマリオに変身。ドラえもんが四次元ポケットから緑色の土管を出し、渋谷のスクランブル交差点の真ん中に置くと、そこから土管に入り、地球の裏側のリオに向かった。リオの閉会式会場の真ん中にも緑色の大きな土管が設置され、安倍首相がマリオのコスプレ姿で登場。マリオの服を脱ぎ、帽子を高く掲げてあいさつした。

 閉会式の日本のパートでは、中田ヤスタカさんの楽曲が流れたほか、椎名林檎さんが音楽監督・演出を担当。Twitterのトレンドには「椎名林檎」「#閉会式」なども入り、ネットユーザーも盛り上がった。

最終更新:8月22日(月)11時21分

ITmedia ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。