ここから本文です

主人公はあなた自身!? 完全1人称の圧倒的臨場感!『ハードコア』日本上陸

cinemacafe.net 8月22日(月)20時0分配信

昨年のトロント国際映画祭「ミッドナイト・マッドネス」部門にてプレミア上映され、驚異の映像革命として話題となった映画『HARDCORE HENRY』が、邦題『ハードコア』として2017年4月1日より日本公開されることが決定した。

【画像】『ハードコア』イリヤ・ナイシュラー監督

目を覚ますと、そこは見覚えのない研究施設だった。妻のエステルがヘンリーの腕に機械の腕を取り付けている。大きな事故があり、ヘンリーの体は激しく損傷していた。機械の腕と脚を装着され、声帯を取り戻す手術に取りかかろうとしたとき、侵入者が襲い来る。謎の組織のリーダーであり、圧倒的な能力を持った男エイカンは破壊行為を繰り広げる。なんとか脱出を試みるが、組織の包囲網によりエステルがさらわれてしまう。機械のパーツを取り入れたヘンリーは超人的な身体能力を駆使し、妻を救出するため命を賭けた戦いに身を投じていく――。

2014年、ネット上で話題沸騰となった映像が始まりとなった本作。それは、『マレフィセント』や『第9地区』『エリジウム』などで知られる俳優シャールト・コプリーが映り、主人公がコプリーと共闘しながら、激しい撃ち合いや肉弾戦を繰り広げ、誰も見たことのないアクションが展開するショートムービーだった。しかも、その主人公の視点は、自分自身。映像は完全1人称=FPS(ファースト・パーソン・シューティング)で構成されており、圧倒的な臨場感を味わうことができるのだ。

『HARDCORE』と名付けられたこのショートムービーは、YouTubeでの再生回数が約500万回となり、「この先が観たい!」「なんなんだ、この映像は!」「最高だ!」という声が瞬く間に拡散。この話題をきっかけにクラウドファンディングが結実し、長編映画化。2015年、ツウ好みが集結するトロント国際映画祭「ミッドナイト・マッドネス」にてプレミア上映されるや、映画祭最高潮の盛り上がりとなり、ピープルズチョイス・ミッドナイトマッドネス賞(観客賞)を受賞。その後、『HARDCORE HENRY』として全米約3,000館で公開され、初登場5位の大ヒットとなった。

本作を手掛けるのは、『ウォンテッド』や『ナイト・ウォッチ』などで映像革命をもたらした国・ロシアが放つ鬼才イリヤ・ナイシュラー。出演は、シャールト・コプリーをはじめ、『イコライザー』のヘイリー・ベネット、『ヘイトフル・エイト』のティム・ロスら豪華俳優陣。そして主人公となるのは、ヘンリーと呼ばれるあなた自身! 愛する人を守るため、謎の組織との壮絶な戦場に放りこまれていく。

なお、本作は今年で幕を閉じる10周年のカナザワ映画祭(9月17日~25日)にて爆音ジャパンプレミア上映(9月24日18時20分~)を行い、ナイシュラー監督が来日し舞台挨拶に登壇する予定だ。

『ハードコア』は2017年4月1日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

最終更新:8月22日(月)20時0分

cinemacafe.net