ここから本文です

セレーナ・ゴメス、「ルイ・ヴィトン」の顔になれた“きっかけ曲”とは?

cinemacafe.net 8月22日(月)20時15分配信

セレーナ・ゴメスが「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の広告塔を務めることになった裏話を語った。

【写真】セレーナ・ゴメス/フォトギャラリー

同ブランドのクリエイティブ・ディレクター、ニコラス・ジェスキエールはセレーナの2015年リリース曲「グッド・フォー・ユー」を気に入ったことがきっかけとなり、セレーナの起用を決めていたのだという。

セレーナは「VOGUE」誌に「実は、ニコラスは私の曲『グッド・フォー・ユー』を気に入ってくれてたの」「あれがほんとにきっかけだったわ」と話し、一方ニコラスは「すぐにセレーナの自然さと好奇心にひきつけられました」と応じた。

いまやファッション界でもひっぱりだことなっているセレーナだが、デザイナーたちがキャンペーンやファッションショーなどにセレブを起用する際に常に自身が一番候補ではなかったと明かした。「そうね、私はいつも(デザイナーたちにとっての)最有力候補ではなかったわ」。

本業の歌手だけでなくモデルとしても活躍するセレーナは、自身の体のメンテナンスを怠っていないようで、毎週3回45分間汗をかくためにスウェット・ベッドに入っていると話していた。「スウェット・ベッドを持っているの。普通は45分から1時間くらいそれに入るの。その面白い宇宙服みたいな中でただ汗をかくのよ。見た目は最悪なんだけど、よいものなの。全ての毒素を出すのに良いのよ。ツアーに出る前は、1週間に最低3回はやってたわね」。

(C) BANG Media International

最終更新:8月22日(月)20時15分

cinemacafe.net