ここから本文です

「ゴールデンカムイ」メシを再現!絶品・珍品グルメに内田理央も大満足!

シネマトゥデイ 8月22日(月)20時37分配信

 「マンガ大賞2016」を受賞した野田サトルの人気漫画「ゴールデンカムイ」に登場する料理を再現する「渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋」が9月22日に1日限定でオープンすることになり、プレス向け特別試食会に女優の内田理央が登壇、名料理の数々に舌鼓を打った。

【写真】これが「ゴールデンカムイ」メシだ!

 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の本作は、日露戦争をくぐり抜けた元軍人の杉元佐一が、アイヌの少女・アシ(リ)パと共に、明治末期の北海道で莫大な黄金をもとめて冒険を繰り広げる物語。黄金をめぐる激しい戦いやサスペンスだけでなく、狩猟で得た獲物などの料理描写にも定評があり、ユーモアとリアリティーが巧みに交差する内容が高い評価を得ている。

 今回披露されたのは、特別料理を含む全7品。ウサギの肉を細かく刻んでつみれにしたものと、行者にんにくが利いた「ウサギのチタタ(プ)の汁物」(2巻・第8話収録)が登場。人生初というウサギに内田は、「おいしい!」と大絶賛。ウサギの臭みがあるので、塩で調えるのがおすすめだというが、「臭みは特に感じませんね。にんにくのいい香りがします」とご満悦だ。

 続いて、エゾシカの背の部分をそのまま焼いた、野性味あふれる「エゾシカの塩焼き」(3巻・第25話収録)、ツブツブの食感が楽しい、シャチの油で揚げた「子持ち昆布の串揚げ」(5巻・第42話収録)、野生の肉の多いメニューにあって、箸休め的な存在となるカズノコやスルメイカ等をしょうゆ漬けした「松前漬け」(6巻・第56話収録)、じっくり炭であぶったしょうゆベースの特別メニュー「熊のあぶり焼き」が1皿に乗って登場。これまた人生初の熊を食した内田は、「すごい弾力。熊の強さを感じます」と感動。

 さらに内田は、空芯菜と鹿肉を使った鍋「ユ(ク)オハウ」(4巻・第30話収録)に「みんなで食べたい」と感想を述べると、カエデの樹液が染み出してできたツララをイメージしたメープルシロップ味の甘味「カエデの氷柱(ツララ)」(3巻・第21話収録)まで味わい大満足の表情。「原作ファンの方はもちろん、ジビエ料理に興味のある方もぜひ」と呼びかけていた。(取材・文:尾針菜穂子)※()は小文字

「渋谷道玄坂ゴールデンカムイ軒 supported by 渋谷百軒店ノ小屋」は9月22日に1日限定オープン(完全予約制、予約申込期間は8月19日~9月4日)
「ゴールデンカムイ」最新8巻は発売中

最終更新:8月22日(月)20時37分

シネマトゥデイ