ここから本文です

慧日寺跡に響く声明 磐梯でともし火と声楽の夕べ

福島民報 8月22日(月)12時17分配信

 福島県磐梯町の「ともし火と仏教声楽の夕べ」は21日、町内の史跡慧日寺跡金堂前石敷き広場で開かれ、荘厳な声明(しょうみょう)を響かせた。
 復元した金堂などの活用を目的に平成23年から毎年開催している。町内外から約530人が訪れた。
 県内の僧侶でつくる新義真言聲明(しょうみょう)三宝会の約20人が、かがり火の照らす会場を厳かに入場した。仏教の儀式や法要で唱える一定のリズムと音律を備えた声明を歌い上げた。
 観客は約400個の灯籠が並ぶ幻想的な雰囲気の中、仏教声楽に聞き入っていた。

福島民報社

最終更新:8月22日(月)12時22分

福島民報