ここから本文です

SAKADOWINDS最高賞 天栄の「ふくしま舞祭」

福島民報 8/22(月) 12:20配信

 子どもたちの踊りの祭典「ふくしま舞祭inレジーナの森」は最終日の21日、福島県天栄村の羽鳥湖高原レジーナの森でグランプリコンテストを行った。神奈川県川崎市から出場した「SAKADO WINDS-零-」が最高賞のグランプリに輝いた。
 コンテストには県内外の17チームが出場した。福島子どもの未来を考える会の長尾トモ子理事長、主催者である実行委員会の円谷友美委員長、共催の福島民報社の広瀬昌和須賀川支社長、ザ・舞祭ネットワーク主宰の高橋誠さん、増子清一天栄村教育長が審査に当たった。
 福島県からは審査員特別賞に本宮市の「S・S・S DANCE STUDIO Teamhighクラス」が選ばれた。
 出演者全員で高橋さんが舞祭のため制作した曲「手のひらに太陽を」や、復興支援曲「虹を架けよう・福島バージョン」に合わせ総踊りを披露した。
 福島市や郡山市の学生でつくる「福島学生“源種”~seed~」と、日大工学部の学生でつくる「桜家一門YOSAKORI隊」が会場運営などにボランティアとして協力した。
 グランプリと審査員特別賞以外の成績は次の通り。
 ▽準グランプリ=かわさき向魂(神奈川県)▽スマイル賞=Dream●Jam(栃木県)StyleofHulakui舞姫ガール(福島)▽エンジョイ賞=富田よさこいクラブ(郡山)湯本中(天栄)WIND(会津若松)
※●はハート

福島民報社

最終更新:8/22(月) 12:24

福島民報