ここから本文です

【高校野球】準V北海のイケメンエース大西は「アタリメ王子」だった

東スポWeb 8月22日(月)16時32分配信

 第98回全国高校野球選手権大会の決勝(21日)は作新学院(栃木)が北海(南北海道)を7―1で下し、54年ぶり2度目の優勝を成し遂げた。

 敗れた北海の主将・大西(3年)は「本当に楽しい高校野球人生だった。仲間の大切さを高校野球で味わった」と3年間を振り返った。

 4回途中で無念の降板となったが「自分が全力で投げても打たれた。バッターとしてピッチャーとしても、今井君には負けた」と優勝投手をたたえた。

「主将」「エース」「4番」に加え、V6岡田准一似のイケメン。試合後は相手ベンチへの一礼を欠かさないなど“完璧ぶり”を発揮してきた大西だが、決勝に進むまではあるゲン担ぎを行ってきた。

 大会期間中、大西は試合前夜になると決まってコンビニで買った「アタリメ」をパクついてきた。

「こっちに来てから食べてます。昔からスルメは好きだし、ゲン担ぎにしようと思った。おっさんみたいですね。気持ちが落ちつくんです」(大西)。マッサージ中に食べていることもあり、ナインからは「アタリメ王子」とも呼ばれるほどだが、「あんまりいつも食ってるんで、部屋がめちゃくちゃイカ臭いんです」との声も…。

 歯を食いしばってつかんだ準V。大西は「(スルメは)ルーティンになっているので、野球を続ける限りは続けたい」と誓った。

最終更新:8月22日(月)16時32分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]