ここから本文です

メイプル超合金が二人羽織でスイカ割り挑戦、カズ「死ぬほど暑い…」

お笑いナタリー 8月22日(月)13時49分配信

本日8月22日、映画「セルフレス/覚醒した記憶」のPRイベントが都内で行われ、メイプル超合金が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「セルフレス/覚醒した記憶」は、ターセム・シンが監督を務めたSFアクション。余命半年を宣告された大富豪ダミアンが、天才科学者に「遺伝子操作で作った肉体に頭脳を転送しないか」と持ちかけられたことをきっかけに巻き起こるストーリーが描かれる。メイプル超合金は、映画の内容にちなみ“最強の頭脳・カズレーザーと最強の肉体・安藤なつが合体したコンビ”としてイベントに出席した。

カズレーザーは登場するやいなや、迷彩柄の衣装をまとった安藤を「これパジャマですか?」とイジりながらニヤニヤ。安藤は「最強の肉体をイメージした格好ですよ」と説明するが、カズレーザーからは「最強の肉体なのに、ステージの段差を登るの苦労してたね」と指摘されてしまった。

トークセッションでは、司会から安藤に「自分の体に頭脳を転送させたい芸能人は?」、カズレーザーに「自分の頭脳を転送したい芸能人は?」という質問が。これに対して安藤は「藤田ニコルさん。どういうリアクションするのか見たい。『超ウケるー』とか言うのかな」と回答。この意見にカズレーザーは「ただただ絶望する可能性がある。キャラに似合わず本当に落ち込むだけかもよ」と懸念する。

そのカズレーザーが頭脳を転送したい芸能人に挙げたのは福士蒼汰。「すぐに風呂入って、体のいろんなところを洗いたい」「趣味趣向は俺なわけでしょ? 福士蒼汰くんが急に赤い服着て金髪にしたら疑ったほうがいいですよ」と意気揚々と語った。

その後、メイプル超合金は「合体」をイメージして二人羽織りでスイカ割りを行うことに。目隠しをされて安藤の背中にくくり付けられたカズレーザーは「今、死ぬほど暑い……。エアコンの室外機を抱きしめているみたい……」と苦しそうな様子を見せるが、安藤の的確な指示によってスイカ割りを一発で成功させる。会場の歓声を聞いた彼は「当たった!?」と目隠しを取るが、安藤の首元が目に入った途端「うなじ汚っ!」と言い放ち、取材陣の笑いを誘っていた。

「セルフレス/覚醒した記憶」は、9月1日より東京・TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。

最終更新:8月22日(月)13時49分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。