ここから本文です

国分、中居から「なんか、ごめんな」メール届く

デイリースポーツ 8月22日(月)9時58分配信

 TOKIOの国分太一が22日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、解散を表明したSMAPの中居正広から「なんか、ごめんな」という短いメールをもらったことを明かし、「あやまってほしくない。僕らからしたら、SMAPさんは歌っている『ありがとう』という気持ちしかない」と、訴えた。

 番組では、解散を表明したSMAP全員がラジオで解散について言及したことを特集。これを受け、国分は「5人全員、肉声という形でメッセージをとったので、正直自分も、本当に解散してしまうんだなと」とポツリ。

 そして「こういう騒動起こってから、中居君から一度メールを頂きまして」と、告白。内容については「短い内容でしたが、『なんか、ごめんな』っていう…」と明かした。

 国分は続けて「なんか、謝ってほしくないなというか、ぼくらからしたらSMAPさんが歌っている『ありがとう』という気持ちしかないですし」と悲しそうな、残念そうな表情を浮かべた。

 そして「ぼくらもいろんなこと起きて、そのたびに解散すると何度も思ったこともある。そういう壁を乗り越えてぼくらTOKIOは今があるんで、(SMAPも)乗り越えられる壁なんじゃないかと正直思ってしまうんですけど、そうやって望んでしまうことがいけないのかなとも思う自分がいる。先輩の判断なら受け入れなければいけないとも大事なのかなとも思うし」と、いまだに揺れている心情を素直に語り、無念の表情を浮かべていた。

最終更新:8月22日(月)13時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。