ここから本文です

猫ひろし、ゴール後まさかのサイン会「ブラジルで売れた!」

デイリースポーツ 8月22日(月)10時14分配信

 リオ五輪陸上男子マラソンカンボジア代表で、見事完走を果たした猫ひろし(39)が22日、ツイッターを更新し、ゴール後、ブラジル人たちからの大声援に答え、急遽サイン会を開いた様子をアップ。「ブラジルで売れた!」と喜びをつぶやいた。

 猫は、悲願だった五輪出場を果たし、2時間45分55秒、ブービーの139位でゴール。一度も歩くこと無く、意地を見せ、ゴール後は決めポーズの「にゃー」で会場を沸かせた。

 その後もゴール後、客席から「カンボジアコール」がわき起こったことから、「これでもかって位盛り上げたら、終わった後まさかの大人気でサイン会。ブラジルで売れた!」と報告。サイン会だけでは飽き足らず?写真撮影会まで行われるなど、現地で大人気となった様子がアップされた。

 ツイッターには「世界のコメディアン」「「猫ひろし」が世界共通言語になった瞬間ですよ!」など、その頑張りを讃えるコメントが寄せられていた。

最終更新:8月22日(月)10時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]