ここから本文です

北海のエース・大西「顔晴れやかに帰りたい」準Vに胸を張る

デイリースポーツ 8月22日(月)10時40分配信

 第98回全国高校野球選手権大会で準優勝に輝いた北海が22日、地元・北海道へ戻る前に報道陣の取材に応じた。右肘痛を抱えながらチームを支えたエース・大西健斗投手(3年)は「(台風の影響で)飛行機が飛ぶかどうか心配」と苦笑いを浮かべながらも「顔晴れやかに、やりきったぞという感じでみんなのもとへ帰りたいと思います」と胸を張った。

 前日の閉会式後にはテレビのニュースなどで試合の映像を見た。「決勝の舞台にいたというのが考えられなかったけど、メダルをかけると戦ったんだなという思いがありました」と大西。3週間の長期滞在になったことで「みんな北海道出身ですから。北海道に帰りたいです」とすがすがしい笑みを浮かべる。

 閉会式後に行われた記念撮影の前後で、甲子園の砂を集める機会があったという。「感謝する人にあげたいなと思っています」と故郷への帰還を心待ちにしていた。

最終更新:8月22日(月)17時21分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]