ここから本文です

小池都知事、五輪旗「ずしっとくる」 猛暑の開催対策も言及

デイリースポーツ 8月22日(月)11時4分配信

 「リオ五輪・閉会式」(21日、マラカナン競技場)

 次大会の開催地である東京を代表して、小池百合子都知事が五輪旗を引き継ぐ「フラッグハンドオーバーセレモニー」に出席した。和姿で登場し、リオデジャネイロのパエス市長、IOCのバッハ会長を経て五輪旗を手渡され、その責任の重さに言及した。

【写真】総理がまさかのコスプレで登場 マリオになり切った安倍晋三氏

 落ち着いた色調の中に鮮やかな装飾も施された和服姿で登場した。旗を手渡されると壇上で数回振った。ただ、雨の中の閉会式となったため、せっかくの着物もずぶ濡れになってしまった。旗を手渡された時の感触を「旗自体は見かけよりは重くないんですね。しかし、その責任たるやその重さにずしっとくるものがございました」と振り返った。

 閉会式後、NHKの中継に出演し、今後の課題として「仮設でいい場合もあるでしょうし、いくらかかるのかというものもあります。できるだけ透明にしながら」と、議論が続く開催費用問題について挙げた。

 出場選手のことを第一に考える「アスリートファースト」を重視すると話した小池都知事だったが、語りながら台風情報を伝えるモニターの方へ視線を向けていた。「今もちょっと大変ですが、五輪の時の気候も気になりますし、ヒートアイランド対策もしていかないといけない」と猛暑で迎える20年の夏季大会へ思いをめぐらせていた。

最終更新:8月22日(月)12時11分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。