ここから本文です

北朝鮮 韓国に脱北従業員の送還を再度要求

聯合ニュース 8/22(月) 16:17配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の赤十字社中央委員会が韓国の大韓赤十字社に通知文を送り、4月に中国内の北朝鮮レストランから脱出し、韓国入りした従業員たちを送還するよう再度求めた。朝鮮中央通信が22日報じた。

 韓国政府が先ごろ脱北した従業員13人について、調査が終了し、それぞれが韓国で新たな生活を始めたと発表したことについて、赤十字社中央委員会は通知文で、集団拉致の真相を隠すための卑劣な策略と主張し、従業員を条件なしで送還するよう求めたという。

 また韓国当局が強制的に拘束している北朝鮮住民を送りかえさないのならば、今後はあらゆる人道主義的な問題について南北間で議論することはできなくなり、取り返しのつかない災いを招くことになると威嚇した。

 韓国統一部は16日、中国浙江省寧波市の北朝鮮レストランから4月に脱出し韓国入りした男性支配人1人と女性従業員12人に対する当局の調査が終了し、13人は韓国での新しい生活を始めたと明らかにする一方で、具体的な内容については身辺の保護のため公開できないと説明した。

最終更新:8/22(月) 16:23

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。